29
2013

うそつき

CATEGORYまいちに
最近うそについてよくかんがえる。
(とくになにかこれといったきっかけがあったわけではない)

たぶんボーダーってほんとひとそれぞれだろうなあ。
10人いれば10ラインあるみたいな。
とても興味があるのでみんなにきいてまわってみたい。

ちなみに個人的にはまず大前提として
基本うそはつくのもつかれるのも嫌。
(どうしてもつかなくてはならないとき、ほんとうに精神が滅入る)
そして

・ひとをしあわせにするための嘘なら場合によってはしょうがない
・ひとを不幸にしないための嘘はいや

よくかんがえたらこれに尽きた。

たとえば愛犬のダニーがいなくなって悲しみに打ちひしがれる少女に
ダニーはとっても幸せだったっていってるよ。と声をかけてやるのは、ありだ。
ダニーが幸せだったかどうかは、ほんとうは誰にもわからない。

だけれども実はダニーは交通事故で死んでしまっているのに
少女には、ダニーは目をはなした隙にどこかにいってしまっただけだ。
きっとそのうちもどってくるだろう。だから泣くのはおよし。
というのは、なんかいやだ。ふにおちない。
いわゆる「やさしいうそ」というやつ。

しあわせは人と共有しておたがいにわけあたえることができるけれど、
不幸は他人なんかにははかれないし、決められない。
意外と人間はそんなにもろくない。不幸にだってちゃんとむかいあえる。
と、わけもわからず信じたいのである。たぶん。なんと身勝手な理論。

しかしそんなことすら口にするのもはばかれるくらい、
いまは随分、物分りの良い大人をしてしまっているようにかんじる。
これは学生時代のイイコチャンよりも
はるかにタチがわるいので、こまったもんです。


ところで今月は、平日毎日ペースで
記事を更新しようとがんばっていましたが、
いっぽおよばず。だってまずしょっぱなでさぼってますからね。
やるきはあるのか!